Cristallina Architecte | クリスタリーナアーキテクツ

Architecture with European inspiration & Japanese sensibility

- Maison Jasmina

La Loire plan 01

Maison Jasmina のページへようこそ!
ジャスミーナはクリスタリーナのうちの小さな庭に住むバラの妖精。
魔法の羽で飛び回ってあちこちの家に遊びに行きます。

家のどこか片隅で妖精たちがこっそり遊んでいそうな、温もり、素朴な優しさに包まれ、緑とハーモニーを奏でる趣きあるデザインを心がけています。
「さりげなく優雅に、ゆったりと、心地よく、歳月と共に味わい、愛着が増す」
をテーマにしたプランニングです。

第6回目は Design Journalページ souvenir de la Loire に掲載しました外観のプランです。

la Loire

フランスには、眠れる森の美女、美女と野獣、シンデレラなど、お城が格好の舞台となる童話があります。
眠れる森の美女の舞台のユッセ城や、シャンボール城、シュノンソー城をはじめ、ロワール川流域には中世の古城が沢山建っています。
そんな神秘的な中世の雰囲気漂う小さな城館をイメージして創った外観です。

la loire plan

古の館にかかせないのは、やはり、エントランスホールに入った時、くるっと回ってから上がってゆく廻り階段が登場することでしょう。
そこには、ロートアイアンの手すりや吹き抜けのシャンデリアが一層美しさを印象づけます。
イタリアやスペインのロートアイアンも素晴らしいですが、斜め上に向かって流麗な動きのある曲線の職人芸はフランスのロートアイアンが一番のように思います。
パリのマレ地区に沢山建つ中世の貴族の館ではサロンでよく音楽コンサートが開かれています。
暖炉の火を囲みながら、ホームコンサートが楽しめたら素敵ですね。

第6回目、ラ・ロワールの外観とプラン その1 でした。

さて、バラの妖精ジャスミーナはどこにいるでしょうか?
マスターベッドルームの上のロフトで、埃をかぶった古い魔術の本をひっぱりだしてきて
何かの魔法をかける練習をしているようです。

建築のご計画で、La Loire の外観とプランにご興味を持たれたお客様へ。
メールにてのお問合せ歓迎しています。
延床面積、建築工事費概算等、ご質問、リクエストにお応えしております。
敷地に合わせてプランとデザインをご提案いたします。


Thank you for a ranking click!

< リストに戻る

Page Top