Cristallina Architecte | クリスタリーナアーキテクツ

Architecture with European inspiration & Japanese sensibility

- Maison Jasmina

Tropezienne plan 01

Maison Jasmina のページへようこそ!
ジャスミーナはクリスタリーナのうちの小さな庭に住むバラの妖精。
魔法の羽で飛び回ってあちこちの家に遊びに行きます。

家のどこか片隅で妖精たちがこっそり遊んでいそうな、温もり、素朴な優しさに包まれ、緑とハーモニーを奏でる趣きあるデザインを心がけています。
「さりげなく優雅に、ゆったりと、心地よく、歳月と共に味わい、愛着が増す」
をテーマにしたプランニングです。

第3回目は Design Journalページ souvenir de la Provence に掲載しました外観のプランです。

provence

プロヴァンス地方はフランス地中海側の南東に広がります。
マルセイユ周辺にプロヴァンスの村々、そしてイタリア国境側に向かってゆくとニースを中心としたコートダジュールがあります。
こちらは、コートダジュール地方の明るい色合いの建物をイメージして描いた外観です。
なので風光明媚な街、サントロペからとって、トロペジエンヌというプラン名にしました。


玄関ホールからグレートルームに入ると、大きな吹き抜けに向かって、廻り階段が上がってゆく配置にしました。
階段手摺はロートアイアン。 鍛鉄の曲線が空間に美しい流れを作り出してくれます。
リビング、ダイニング、キッチンへと回遊できるレイアウトにしました。
解放的でありながら、ファミリー空間、ゲストも含んだ空間と使い分けできるようにゾーニングしてあります。
そして、南フランスの家の生活で基本中の基本、と言えるのが、テラスに出て屋外の食事をすることです。
キッチンで作ったものをすぐ運べるように配置してあります。
パーゴラの上はつる性の木の葉っぱで覆われて、心地よい日陰を作ってくれます。
南フランスのリゾート感たっぷりに、2階には陽がサンサンと入る大きなバスルームを設けました。

第3回目、トロペジエンヌの外観とプラン その1 でした。

さて、バラの妖精ジャスミーナはどこにいるでしょうか?
家族がパーゴラの下で食事をしている間に、グランドピアノのところで、どの鍵盤を押すとリビングの暖炉横の回転本棚が廻るのか、そーっといくつか叩いて遊んでいるところです。

建築のご計画で、Tropezienne の外観とプランにご興味を持たれたお客様へ。
メールにてのお問合せ歓迎しています。
延床面積、建築工事費概算等、ご質問、リクエストにお応えしております。
敷地に合わせてプランとデザインをご提案いたします。

< リストに戻る

Page Top