Cristallina Architecte | クリスタリーナアーキテクツ

Architecture with European inspiration & Japanese sensibility

- Maison Jasmina

Cape cod plan 01

Maison Jasmina のページへようこそ!
ジャスミーナはクリスタリーナのうちの小さな庭に住むバラの妖精。
魔法の羽で飛び回ってあちこちの家に遊びに行きます。

家のどこか片隅で妖精たちがこっそり遊んでいそうな、温もり、素朴な優しさに包まれ、緑とハーモニーを奏でる趣きあるデザインを心がけています。
「さりげなく優雅に、ゆったりと、心地よく、歳月と共に味わい、愛着が増す」
をテーマにしたプランニングです。

第1回目は Design Journalページ souvenir de Californie に掲載しました外観のプランです。

cape cod01
このタイプは日本では、アーリーアメリカンと呼ばれ、アメリカではコロニアル、ケープコッド、等で呼ばれ、世紀を超えて愛され続け来たスタイルです。

Cape cod plan 01

パースを起こしたオリジナルプランから一回りゆったりさせて、暖炉をつけたプランです。
アメリカの住宅プラン集を見ていると、リビング、ダイニング、キッチンにプラス、ファミリールームが登場します。
ファミリールームはキッチンと続きで、普段、家族が朝食をとったり、ママがキッチンでお料理をする傍ら、子供が遊んだり、宿題をしたりする空間です。
子供が小さい時は、リビングを散らかさずに、おもちゃをお構いなく出せて、お片付けしやすいです。
ダイニングは、フランスでもそうでしたが、週末のディナーや家族の外、親戚やゲストも加わって食事する空間でした。
私が過ごしたアメリカやヨーロッパと日本の住空間には伝統的にも気候的にもあちこち異なることが沢山あります。
例えば、玄関で靴を脱がない習慣、が代表格ですよね。
玄関ホールはフォワイエと呼ばれ、家の中の第一印象を与える空間です。
日本の住まいで活躍するシューズクロークは玄関横にあまり見かけません。
代わりにキッチン近くに日本の勝手口同様、出入口があり、ビルトインガレージがある場合はそこにつながっています。
食料等の備蓄品を入れるパントリー、冷凍庫、洗濯室、また、クロークやトイレが近くに集まって配置されています。
この勝手口のたたきにマッドルームと呼ばれる小空間があり、ガーデニングをして泥んこになっても、外の立水栓で洗って入り、長靴やガーデニング服などを収納できるスペースがあるので重宝します。
南側中央入りのプランの場合、玄関横にシューズクロークを設けると、敷地の横幅に余裕がない限り、どうしても玄関自体が狭くなったり、その横の部屋の形にしわ寄せがきたり、外観のバランスがくずれやすくなったりします。
マッドルーム案はその解消のひとつにもなります。
最近は日本でも、玄関で靴は履き替えるけれど、昔よりも框の高さは低く、或いは段差をなくして、タイルとフローリングで切り替えをする、等、玄関ホール自体を土間的にしつらえる住宅も増えてきていますね。

第1回目、ケープコッドハウスの外観とプラン その1 でした。

さて、バラの妖精ジャスミーナはどこにいるでしょうか?
ドーマー窓から入ってきてここの屋根裏で遊んでいるかもしれませんね。

建築のご計画で、Cape Cod の外観とプランにご興味を持たれたお客様へ。
メールにてのお問合せ歓迎しています。
延床面積、建築工事費概算等、ご質問、リクエストにお応えしております。
敷地に合わせてプランとデザインをご提案いたします。

< リストに戻る

Page Top