Cristallina Architecte | クリスタリーナアーキテクツ

Architecture with European inspiration & Japanese sensibility

- Maison Jasmina

Prince Edward Island House 01

Maison Jasmina のページへようこそ!
ジャスミーナはクリスタリーナのうちの小さな庭に住むバラの妖精。
魔法の羽で飛び回ってあちこちの家に遊びに行きます。

第9回目は小さな羽ではるばる海を渡って、カナダのプリンスエドワード島へと飛んで行きます。
prince edward island elev1

朝は搾りたての新鮮なミルクを飲んで目を覚ます。
それと、自家製のメープルシロップをたっぷりかけた熱々のパンケーキ。
さぁ、朝食をすませたら、今日の午後のお茶の時間のためのアップルパイを作ろう。
庭になっている赤く色づいた食べ頃のリンゴをもぎ取ってこないと。
そうそう、ニワトリ小屋から玉子を採ってくるのも忘れないように。
大きな取っ手のついた編みかごを持って外に出る。
家の前の牧草地の向こうには海が広がる。
そよそよと草の上を横切って行く風に、ほのかに潮の香りがする。
後ろを振り返ると、家の裏手にはこんもりとした森が続く。
昔、暖炉の薪にする枝を一緒に取りに行った懐かしい小道。
おじいちゃんがその入口で微笑んで手を振っていたことを思い出した。
あれっ!かごの中のリンゴがいつの間にかふえているよ!
親切な妖精さんが梯子から落としたリンゴを拾って入れてくれたのかな?

pei01plan

第9回目、Prince Edward Island House の外観とプラン その1 でした。

クリスタリーナ設計事務所では
家のどこか片隅で妖精たちがこっそり遊んでいそうな、温もり、素朴な優しさに包まれ、
緑とハーモニーを奏でるような、趣きのあるデザインを心がけています。
ゆったりと心地よく、さりげなく優雅で、歳月と共に味わい、愛着の増す住まいを
プランニングしています。

建築のご計画で、Prince Edward Island House の外観とプランにご興味を持たれたお客様へ。
メールにてのお問合せ歓迎しています。
当プランの延床面積、建築工事費概算等のご質問にもお応えしております。

プランニングだけ先に進めて後から外観を考えると、美しい造形の建物になりにくいものです。
フランスでそうであるように、外観とプランニングを並行して検討しながら進めています。
敷地に合わせたプランとデザインをご提案いたします。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
よろしければ上のランキングに応援お願いします。

< リストに戻る

Page Top